脱毛に悩まされる男性とプロペシア

フィナステリドとロゲインの費用を抑える方法がある?

AGA治療に必要不可欠な医薬品がフィナステリドとロゲインです。
フィナステリドはAGAの原因となる脱毛を促進させる男性ホルモンが作られるのを阻止するために必要な医薬品で、プロペシア等の名称で有名な成分です。
ロゲインは発毛剤になり、主成分はミノキシジルになります。
フィナステリドが含有されている医薬品は、医師の処方が必要になり、薬局には売っていません。
またロゲインはAGAクリニックで処方してもらうことができますが、薬局でも購入することができます。

しかしこれらの医薬品をクリニックで処方されたり、薬局で購入するとなると費用が高くなります。
特にフィナステリド錠は、保険診療ができず、すべて自己負担になります。
また服用し続ければならない医薬品ですので、もう髪の毛が必要ないという日が来るまで、服用し続けなければならない医薬品になります。
その期間ずっと自己負担が続くことになります。
AGA治療を生涯続けるのと、植毛を選択したときに、植毛の方が費用を抑えることができる調査結果までありますので、保険を使えない医療費も問題はAGA治療を受ける人には死活問題になるでしょう。

それを防ぐことができる方法が、個人輸入代行業者を利用することです。
海外の医薬品を格安の値段で購入することができますので、費用を抑えることができます。
ただ偽物の可能性も少なからずありますので、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶことが大切です。
定期的に成分を分析している業者がありますので、そのようなところから購入するようにしましょう。
費用が安くなりますが、自身の健康状態を知るためには、初めての処方はクリニックで受けて、そして定期的な健康診断を受けることをおすすめします。